コンテントヘッダー

鼻の現状

トゥルの鼻の今の状態についてのお話し。

去年の12月ごろから通院し始めて半年。
その間2回病院を変えCTも撮ったりしましたがいまだに病院通いが続いています

現在は2週間に一度診てもらっています。
まだ通っているの!?って話なのですが

今お世話になっている病院に移ってからの治療方針が、わんこ本犬にも飼い主のお財布にも負担が少ないようにという先生のご配慮で。

抗生物質→非ステロイド剤→ステロイド→内視鏡&生検、培養

にしましょうか、ということで進めていたのですが非ステロイドがあまり効いていないという状況。
そんな中、トゥルがくしゃみをする時に鼻くちょが飛ぶようになり、それが血混じりになってきたのです。
とはいってもくしゃみの回数はそれほど多くはなく、鼻くちょの量も全部掻き集めても鼻水一滴分くらいなのですが。

それと少し前に鼻の穴の外側にピンク色のできものが出来たのですが、それが3時間前に見たときは何も無く、気が付いてアタフタしている10~20分の間に跡形もなく消えてしまったのです。
鼻の中にできものが出来て何らかの拍子にそれが出てきて、また引っ込んだのか?とれてしまったのか?
鼻の中のおかしな所はのぞきこんで見える所ではないのでわからないんです
少なくとも芯のあるようなできものがその場に出来たのではなかったことは確かだと思います。
できものだとしても炎症なんかが原因でなんじゃないかな?って気がします。

そんなこともあってステロイドを飛ばして内視鏡をしましょうかというお話しになっているのですが、これがまた・・・(苦笑)
状況が変わったということもあるのですが。
最初は異物を取り除くということでかかり始めたのが、できものの切除になるのかも?ということで、先生が他の病院でしてもらった方が良いという。
今診てもらっている所にはレーザーメスが無いらしい(;゚д゚)ェ. . . . . . .いまさら。
「うちだと鼻に入る内視鏡はあってもブチブチちぎるしかないんですよねー┐(´д`)┌」って。
レーザーだと出血もない分安全だそうで。

先生のお仲間の獣医さんが6月末に内視鏡に使うレーザーメスを導入されるということで先生同士で話を進めてくれるらしいです。
導入してすぐって実験台じゃないよね!?って心の中で思いましたが2週間の練習を経ての実用だそうで。
「心配なら僕も手術室に入ることも可能です。」
と心強い発言をしてくださいましたが、
「でも僕、鼻の専門でもなければ内視鏡専門でもないんですけどね≧(´▽`)≦」
って。
突っ込みどころ満載です、先生。

お仲間の先生は耳と皮膚に力を入れている方らしいのです。
耳って・・・鼻も大丈夫なんですか?って聞くと、
「大丈夫。」
だそうな。
鼻は難しい場所なので専門の先生も少ないのだとか。
レーザーなどの機器もお金の無い病院がほとんどだから、必要があれば持っている病院を紹介することが多いのだそう。
都会の病院や大学病院は別みたいですが。

内視鏡をして生検なり培養をすれば原因も対処法もすっきりするんでないかな。
と思っています。
どうしても全身麻酔をかけなければいけないのがやっぱり心配ですね。
切開するような手術でなくてもね。
来週もう一度病院に行ってつめた相談をしてきます。

あっ、今診て持っている先生は良い先生ですよ。
誤解のないように(笑)
手術をしたわけではないので技術的なものはわかりませんが、わんこにも優しいし話していて勉強熱心な気がする。
他の病院にも繋がりがあるのは良いことだと思っています。

鼻のココが乾燥するんですよ
truthhana.jpg
そろそろ決着着けたいな、と。
すっきり治って!

私の病院も同じ木曜日なのですが、体調が安定しているということで現在は1か月半ごとの受診になりました
ちょっと楽になったかな。
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

のぐっち

Author:のぐっち
2008/11/27生まれのトゥルースです♪
長野の田舎で暮らしています。

いくつになったの
携帯百景
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
トゥルのお気に入り♪
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード